医学部を目指す人の予備校選び!選択後のポイントも解説

医学部を目指す人が予備校を選ぶときの選択肢は大きく二つ

医学部を目指す人が予備校を選ぶときの選択肢は大きく二つに分かれます。
大手の予備校を選ぶパターンと医学部専用の予備校を選ぶパターンです。
前者については、河合塾や駿台などをよく知っているという人もいるでしょう。
それに対して後者についてはよく知らない人も多いと考えられます。
全学生の数と比べると、医学部を目指す生徒はごく一部なので利用者が少ないのは仕方がないことです。
しかし詳しく知っておくと、いざ医学系の進路を選択しようとしたときに役立ちます。
大きな違いは医学部の受験科目に特化したカリキュラムを用意していることです。
つまり無駄な勉強をする必要がないため、合格への最短ルートを突き進めるのです。
それだけではなく、講師一人あたりの生徒数が少ないことも後者の特徴となっています。
きめ細やかなサポートを受けられるので、落ちこぼれてしまうリスクが小さいです。
進捗や理解度の管理がしっかり行われているので、まさに講師と二人三脚で合格を目指していると感じられます。
医学系の進路を目指そうとするきっかけはさまざまです。
たとえばいったん就職したにも関わらず、医学の道を諦めきれずに挑戦する人も見受けられます。
いろいろな背景を持つ人に対して、広く門戸を開いているのも大きな特徴です。
前者はそこまで特化しているわけではありませんが、医学系の進学コースを設けるところが増えています。
テレビに出ているような有名な講師の指導を受けられることに魅力を感じる人も多いでしょう。

【順天堂は1.67%、男女別「合格率格差」一覧】
医学部不合格、女子予備校生「不信感が募る」(読売新聞)https://t.co/7uPAntPLvJ #医学部 #合格率

— 東洋経済オンライン (@Toyokeizai) 2018年9月5日

医学部を目指す人が予備校を選ぶときの選択肢は大きく二つ講師の知名度ではなく合格者数や合格率を参考にするのが適切医学系の予備校のメリット